安全性、作業性が向上します

サニールは燃えない、軽量、断熱性、複雑形状が可能な新素材です。

◆標準品は密度が60kg/㎥前後と一般的に使用される不燃材の石膏ボードと比較すると1/10程度と軽く、素材単体での1㎡(厚さ10mm)の重さは600g程度となります。
 
◆安全性
 天井材として使用すれば、落下時の衝撃を緩和でき、構造物への重量的な負荷を軽減することも可能となります。
◆作業性
 軽量のため製品の移動が楽になり、作業員への負担が減り作業効率が上がります。
 
◆原料の予備発泡ビーズの発泡倍率、不燃剤のコーティング量によって変わります。
 

左から80倍→60倍→40倍→20倍予備発泡ビーズになっております。
予備発泡ビーズの発泡倍率を変更する事により、重量や強度を変更する事が可能です。

 

Movie

サニールの軽量性
◆従来の吊り天井を施工した場合(石膏ボード+岩綿吸音板)と比較して、(サニール+化粧紙)重量が約1/5になります。