会社方針

●三和化成工業株式会社は、顧客の潤滑油ニーズに対して、最適な品質を、完全な製品形態で、最短期間で供給する。
●三和化成工業株式会社は、環境先進企業として、地球環境の保全と事業活動との調和を図り、今よりも少しはましな地球環境を次世代に伝えることが、人類の、したがって当社の、そして我々個々人の責務であると考える。

この会社方針(品質/環境)が、全ての部門及び階層で理解され、実行され、維持されることを確実にするため、次の事をおこなう。

1.毎年度初めに部門毎に「年度目標」を設定する。この「目標」は、作業の質が迅速・的確・正確であることによって達成されるものである。

2.併せて、これらの事業活動が環境負荷低減のために次の活動を含むことに留意する
・資源、エネルギーの有効活用、リサイクルの推進
・省エネルギー潤滑油、生分解性潤滑油、水系潤滑剤の拡販
・IT活用による生産活動、事務活動の省資源化・省エネルギー化

3.「年度目標」を達成させるために、その実効方針と、実行スケジュールを定めた「部門別年度目標」を、年度末の品質会議において策定する。

4.各部門は、設定した「年度目標」を、各部門連携のもとに計画的に実行する。

5.この実行は、整備された設備、機器を用いて、定められた方法にのっとって作業する事によって行う。
又、全社員が、法令、協定、契約等を遵守し、また自主管理基準を設定して、品質の安定、改善及び環境汚染の防止を推進する。

6.計画の進捗状況は、品質会議等で確認し、定期的に見直し、継続的に改善する。目標の実現が不能と認められた時は、理由を審議の上、実現可能な目標を再設定する。又は次年度への継続事項とする。

7.内部監査を定期的に実施して、継続的な確認を行う。また、年度末のマネジメントレビューにより、年度目標の遂行状況を点検し、このシステムが有効、適切に機能しているかを検証し、不備な点を改善する。

8.地域のステークホルダーとともに発展する企業を目指して、地域志向CSRに取り組む。地域志向CSRの各項目に関して目的及び目標を定め、その達成に全従業員が努力する。

この会社方針(品質/環境)は、社内広告活動等を通して、全社員に周知徹底する。
また、取引先その他社外にも公表し、理解と協力を要請する。